2014年08月19日

≪ 張り合いすぎるは共倒れのもと ≫


「歯の堅き也(や)、六十にして尽く。相ますれば也」と。今富摯(ふうし)は能あり、而(しこ)うして公は重し。相喜(あいよ)からずんば、是れ両(ふた)つながら尽くる也。   [戦国策]

「歯というものは固いのに、六十歳にもなればだめになってしまいます。互いに摩擦するからです。富摯(ふうし)は有能で、あなたは重んじられておいでです。お互い仲よくなさらないと共倒れになりますぞ」

楚の重臣の黄斉(こうせい)は、同僚の富摯と仲が悪かった。ある人が黄斉に忠告して言う。

「あなたは、老萊子(ろうらいし)が孔子に、君に仕える道を説いたのをご存じでしょう。老萊子は自分の歯を指して、このように言ったのです。王様は、いま富摯をご寵愛ですが、あなたが富摯と仲よくなさらないのは不忠に当たりますぞ」と。

ライバル同士、仲よくしろといわれても、なかなかそうもできないのが人情だが、お互いにとげとげしく張り合ってばかりいると、上からも周囲からも愛想をつかされて、仲よく左遷させられるというケースもある。

切磋琢磨は結構だが、度が過ぎて欠け落ちてしまっては元も子もないのではないか。

posted by 吉野山ユッキー at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

≪ 知っていても知らないふり ≫


知りて知らずとするは、尚(しょう)なり。知らずして知れりとするは、病(へい)なり。  [老子・荘子]

「知っているのに知らないふりをする。これが最高のあり方だ。知りもしないのに知ったかぶりをする。これは重大な欠点だ」というのである。

孔子は、同じ「知る」ということについて、「これ知るをこれを知るとなし、知らざるを知らずとなす。これを知るなり」と論語の中で語っている。

これに対し、「知りて知らず」とする老子の主張はきびしい現実生きていく処世の知恵として活用することができるという。

たとえば、上司として部下に臨む場合がある。部下の能力や生活ぶりを一応把握しておかなければ、上司としての責任が果たせない。「知りて知らず」とするところに、無言のの圧力が生じてくる、これを忘れてはならない。

人生のいろんな局面で「知りて知らず」を効果的に使えるようになれば、人生の達人と言ってよいのではないだろうか

posted by 吉野山ユッキー at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

≪ 臥薪嘗胆 ≫


夫差(ふさ)、讎(あだ)を復(ふく)せんと志す。朝夕薪中(しんちゅう)に臥し、出入するに人をして呼ばしめて曰く、「夫差、なんじは越人のなんじの父を殺せしをわすれたるか」…勾践、国に反(かえ)り、胆を坐臥(ざが)に懸(か)け、胆を仰ぎこれを嘗(な)めて曰く、「なんじ会稽(かいけい)の恥を忘れたるか」     [十八史略]

春秋時代末期にあたる前5世紀、周王朝の統制力は衰え、諸侯国は覇を競いあう。長江の下流、江南地方では、いまの蘇州に都をおく呉国と紹興(しょうこう)に都する越国とがしのぎをけずっていた。

まず、呉王の闔閭(こうりょ)が越に攻撃をしかけたが、傷がもとで死んだ。あとをついだ子の夫差(ふさ)は、薪のうえで寝起きし(臥新)、その痛みにつけても復讐心を燃えたたせ、さらに出入りするたびに臣下に、「父君が越王に殺されたことをお忘れか」といわせた。

こうして二年たち、夫差は越を攻めて会稽(かいけい)で越軍を破り、勾践を臣従させた。勾践は自分の寝起きしているところに獣の干し胆をつるしておき、胆を嘗(な)めて(嘗胆)苦味で心をひきしめては、「会稽の恥を忘れたか」と自分に言いきかせた。

こうして二十年たって越は呉を滅ぼし、呉王夫差が自決して終わるのだが、この故事から、ある目的を達するために耐えて忍んで艱難辛苦することを「臥薪嘗胆」というようになったという。
posted by 吉野山ユッキー at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

≪ 子どもはだませない ≫


嬰児(えいじ)は知あるにあらざるなり、父母を持ちて学ぶ者なり。 「韓非子」

子どもをだましてはいけない。子どもをだますことは、子どもにウソを教えることだ。

曹子の妻が買い物に出かけようとした。すると子どもがあとを追って泣いた。「家で待ってなさい。帰ってきたら、豚をつぶして食べさせてあげるからね」

妻が帰ってくると、曹子は豚を捕えてつぶそうとした。妻は慌てて言った。「本気ではありませんよ。ただ子どもをだましただけですよ」

曹子はこれを聞いて言った。「子どもをだましたりしてはいけない。子どもは何も知らず、なんでも親のすることをまねするんだ(嬰児は知あるにあらざるなり、父母を待ちて学ぶ者なり)。

そうやって親から教わっていく。だから子どもをだませば、親が子どもにウソを教えることになる。母親が子どもにウソをついて、子どもが母親を信じなくなったら、もう母親が子どもに教えるなんてできなくなるんだ」

わかっていても、つい子どもをだますのが親である。大学ですっかりやる気をなくして落第ばかり続けている学生が言った。小さいときから母親に次々とウソの交換条件を持ち出されて勉強を強いられたものだと。騙された心の傷は意外に深いものだ。
posted by 吉野山ユッキー at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

≪ 子供の育て方を見れば人物がわかる ≫


その地にあらざれば之を樹(う)とうとも生ぜず、その意にあらざれば之を教うとも成らず。 [史記]

「植物は、適した土地に植えるのでなければ育たない。子どもも、やる気がないのにこれを教えようとしても、ものにはならない」

前半が有名だが、意味は後半のほうにある。親が子どもを自分の思うとおりに育てたいと思うことは少なくない。これは昔も今も同じ。

とくにまずいのは、父親がなろうとしてなれなかった道を子供に強いたり、母親が虚栄から子どもに道を選ばせるケース。子どもは従おうにも興味がなく苦痛ばかりを味わわされる。

「したがって、子弟の教育状態を見れば、父親の人物のほどがわかるといわれる。子どもが自分に適した道を歩んでいれば、父親は賢人ということができる」

それには、子どもがどんな道を好んでいるか、それを見てやることが肝心だという。あたりまえのことだが、実際はなかなかできない。   

馬や牛のよしあしの鑑別で名をなし財を築いた人がいる、と例を並べている。このように技能の道を選んで成功した例は無数にある。一方、嫌がる勉強を強いて、才能をうもらせたまま人生を送ってしまった例はそれ以上にある。昔から親はあまり賢いとはいえないようだ。

posted by 吉野山ユッキー at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

≪ 孫と遊ぶ ≫

1407310012466.jpg
大阪にいる孫たちがやって来た。早速 町内にできた公園に行って遊んできた。広島に出かけ遊ぶことが多かったが、公園の遊具で十分楽しむことができる。、海のそばにあり沢山の人が子供ずれで楽しんでいた。

mini_140804_16100002.jpg

140804_1609~01.jpg

140804_1609~02.jpg

140804_1609~03.jpg

140804_1610~01.jpg

140804_1610~02.jpg

140804_1608~01.jpg

140804_1608~02.jpg

1407299846976.jpg




posted by 吉野山ユッキー at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

≪ 「道」を聞いて笑い出す人 ≫


上士は道を聞いては、勤めて能(よ)くこれを行う。中士は道を聞いては、存するが若(ごと)く亡するが若し。下士は道を聞いては、大いにこれを笑う。  [老子・荘子]

「すぐれた立派な人物は、”道を教えられると、即座に実行する。中程度の人間は、”道を教えられても半信半疑である。つまらぬ人間は、”道を教えられると、腹をかかえて笑い出す」というのだ。

なるほど、どんな立派な教えを聞いても、上の空で聞きながしたり、一笑に付したりしたのでは、「馬の耳に念仏」のたぐいかもしれない。

「道」とは、形もなく音もないので、目で見ることもできないし、耳で聞くこともできない、漠とした存在である。だから、頭で理解しようとしても無理であって、心で悟るよりないのかもしれない。

上士とは心で悟れる人、中士とは頭で理解しようとする人と言ってもよい。願わくば、腹をかかえて笑い出す下士にだけはなりたくないものだ。

熱心な老子のファンの人は、老子のこの言葉を書き出して居間に掲げ、毎日それを眺めて暮らしているという。わかってもわからなくても、なにかを会得できれば、それでよいのではないだろうか。
posted by 吉野山ユッキー at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

≪ 先頭にも立たず、ビリにもならず ≫


進んで敢(あ)えて前とならず、退(しりぞ)きて敢えて後ろとならず。 [老子・荘子]

先頭にも立たず、ビリにもならず、中段あたりにつけてマイペースで走る。そんな生き方が理想的なのだという。なぜ先頭に立ってはいけないのか。幾つかの理由が考えられる。

第一は、先頭を譲るまいとすれば、どうしても限界を超えた頑張りを必要とする。無理をして頑張れば、息切れを起こす。これでは長続きしないばかりか、レース途中でつぶされてしまう。

第二は、先頭に立てば、いやでも目立つ。目立てば、敵の標的荷されて集中砲火をあびる。その結果、真っ先につぶされてしまう。

第三に、敵は外部だけでなく、内部にもいる。恐いのは外部の敵よりも、むしろ内部にいるライバルだ。目立ちすぎれば、この内部のライバルにも足を引っぱられる。

以上のような理由で、「進んで敢えて前とならず」がよしとされるのである。では、ビリになってはなぜまずいのか。これは言うまでもなく、あまりにも成績が悪いと、批判にさらされて身の置き所にこまるからである。

要は、目立たず、落ちこぼれず、そんな生き方を心がけるなら、どんな時代でも、しぶとく生き抜いていくことができるのだという。




posted by 吉野山ユッキー at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

≪ 来るものは拒まず、去るものは追わず ≫


その来たるや却(しりぞ)くべからず、その去るや止(とど)むべからざるなり。  [老子・荘子]

隠者の肩吾(けんご)が、賢者として評判の高い楚の国の孫叔敖(そんしゅくごう)という人物に、こんな質問をした。

「あなたは、三回も楚の宰相をつとめられたが、格別うれしそうな顔もされなかったし、その地位を去られても別に悲しそうな顔もされなかったとか。本当かなと思っていましたが、いまこうしてお会いしてみると、なるほど、いかにものんびりした顔をしておられる。いったい、どんな心構えで毎日を過ごしておられるのですか」

孫叔敖は、こう答えている。「吾(われ)、何を以ってか人に過ぎんや。吾以(おも)えらく、その来るや却(しりぞ)くべからず、その去るや止(とど)むべからざるなり、と。吾、得失の我にあらざるを以為(おも)いて憂色(ゆうしょく)なきのみ」

わたしはこれといって人様よりすぐれている点があるわけではない。ただ、私が思うに、地位や名声というのは、向こうからやってくるのを拒むことはできないし、逃げて行くのを無理に引きとめることもできない。だから、やって来ようが逃げて行こうが、自分にはかかわりないことだと思って、いっこうに気にしないのである。およそ、こんな意味になるであろう。

こういう生き方こそ理想なのだという。


posted by 吉野山ユッキー at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

≪ 職に就く者の心得 ≫


道を行ない時を佐(たす)くるは須(すべか)らく命を待つべし、身を下位に委ぬるも恥と為す無かれ。命苟(いやし)くも未だ来たらずんばしばらく食を求む、官に卑高(ひこう)と遠邇(えんじ)と無し。 [唐詩選 「白居易・王夫子」]

就職は理想を実現するための手段である。そのことを前提として粘り強く生きよ、という勧告。知人の王某が県の属官となって赴任するのに与えた長詩の一節である。

男児たるものが学問を積んで官途(かんと)につくのは、一家の生計をたてる必要からなのはもちろんだが、より大きくは よき社会をつくるという理想のためである。

この理想を実現するには、時の運を待つ必要がある。それまではどんな下っぱの地位に置かれようと、恥ずかしがることは毛頭ない。

時が来るのを待つ間は、さしあたり食うために働く。そう割り切れば、地位の上下や任地の遠近など、気になることはない。白居易(はくきょい)はこう言って、さらにつぎのように語りかけている。

「私に言わせれば、役人の世界なんて、上から下までみんなそこそこに生きている連中ばかり、まちがっても短期を起こして飢え死になどしてはいけない。」



posted by 吉野山ユッキー at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

≪ 恥なんかどんどん忘れよう ≫


小恥を悪(にく)む者は大功を立つること能わず。 [史記]

小さな恥を気にするな。小さな恥を気にしているようでは大きな功績をあげることはできない、という。男はしばし恥を気にする。「寿(いのちなが)ければ辱(はじ)多し」とさえいう。

辱をあげたらきりがない。だが、気にする辱はえてして小さい恥。そんな恥は忘れろ、という。

管仲(かんちゅう)は大きな恥をかいた。かれは桓公(かんこう)に矢を放って、その帯留に当てた。これは簒奪(さんだつ)を意味した。公子糾(きゅう)を見捨てた。これは卑怯者の恥だ。捕えられ罪人として手枷足枷をかけられたが、これで終わっていれば、単なる罪人だった。

しかし、かれはそうした恥を恥とせず、天下が治まらないことのほうを恥と考えたので生きることができ、やがて桓公を春秋五覇の筆頭におしあげる功績をあげることができた。

管仲がかいたほどの恥でも、大物はそれを克服して、大きなことをやる。小さな恥を忘れられないようでは何もできない。

われわれがくよくよするような恥は、決して大きな恥ではない。鉄面皮、こう呼ばれるぐらいの覚悟でそんな恥は忘れたい。



posted by 吉野山ユッキー at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

≪ うまい話は警戒しよう ≫


遠くして戦いを挑む者は、人の進むを欲するなり。  [孫子]

〈敵が近づこうとせず、しかもしきりに挑発してくるのは、なにか狙いがあって、こちらを誘い出そうとしているのである〉

立場をかえてみれば、容易に理解できることである。相手をこちらへ招きよせたいというときは、いろいろなことをして、相手の気をひこうとする。うかうかその誘いに乗ったら大変である。

こういう敵にたいしては、念入りな偵察によって相手のほんとうの意図を察知するのが第一である。

それと同時に、こちらが、それに気をとられているということを、相手にさとられないようにしなければならない。挑発するのは、誘い出すためでなく、それにこちらの注意を集中させておいて、背後にまわって奇襲する作戦かこもしれないのである。

うまい話は警戒したほうがいい。これと似た観察法に、「敵が障害物のない平地などに布陣しているのは、こちらに有利とみせて誘い出そうとしているのである」という条項がある。
posted by 吉野山ユッキー at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

≪ 「これだけはやらない」という歯止めが要る ≫


塗(みち)も由らざるところあり。  [孫子]

〈道は通るためのものだが、通ってはならない道もある〉わたしたちは、なにかをする場合に必ずしもいちいちよく考えてから動くとは限らない。

馴れ、習慣、あるいは惰性、常識のままに行動していることが多い。道があれば、それは当然通るべきものとして通ろうとする。ところが、それが危ないのだ、見直せ、と孫子はいう。

実はこのことばは、あとの「城も攻めざるところあり」など一連の道理を説くためのマクラなのであるが、独立してそれなりの説得力をもっている。

人間というものは、道が通れるとなると見境なく通ろうとするくせがある。歯止めが必要なのだ。経営者のなかには、うちの会社がやってはならないことは、こうこうだと決めている人がいる。

たしかに、企業は利益を目指すのが「道」だが、いくら儲かっても、やってならないことがあるはずだからである。

個人であれ組織であれ国であれ、歯止めがないと、道さえあれば突っ走りたくなる。






posted by 吉野山ユッキー at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

≪ 君子の心得 ≫


瓜田(かでん)に靴を納(い)れず、李下に冠を正さず。 [漢詩名句集]

人から疑いをかけられるような言動をするな、という意味の成語として知られた句である。「君子の行(うた)」と題する作者不明の詩は全12句、前半では行動を慎重にしてあらぬ疑いを避けるべきことを、後半は謙譲の徳をたたえて、君子たる者の理想を述べる。

君子ハ未然ニ防ギ、嫌疑ノ間ニ処(お)ラズ ―― わざわいを未然に防ぎ、疑いのかかるような状況に身を置かないのが、君子の心得である。

瓜畑のなかでくつをはきなおしたり、李(すもも)の枝の下で冠をかぶりなおしたりしてはならない。弟が兄嫁に物を直接に手渡せば変な目で見られるし、年少者が年長者と肩を並べれば不遜のそしりはまぬがれない。

功労があってもたかぶらぬことこそ徳の根本である。だが才能をかくして周囲と同調することはとりわけむずかしい。

周公は貧しい者に対してもへりくだり、来客があれば食事も入浴も中断して会いに出るほど他人を大切にした。だからこそのちのちの世までも、聖賢と仰がれることになった。

つねに他人の目を意識してふるまうといえば、なにやら偽善的なくさみがつきまとう。それが無意識な行動様式に高められてはじめて、真の君子人といえたのである。





posted by 吉野山ユッキー at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

≪ ごますりに囲まれて”裸の王様“になるな ≫


耳中常に耳に逆らうの言を聞き、、心中常に心に払(もと)るの事あれば、わずかにこれ徳に進み行いを修むるの砥石(しせき)なり。もし言々耳を悦(よろこ)ばし、事々心に快ければ、すなわち、この生を把(と)りて鴆毒(ちんどく)のうちに埋在(まいざい)せん。 [菜根譚]

耳に入るのは耳の痛い言葉ばかり、することなすこと思うようにいかないという状態の中でこそ、人間は磨かれる。耳に入るのは甘いお世辞ばかり、何事も思いのままという環境ならば、知らぬままに猛毒に侵されて一生を台なしにするだろう。

だが、困ったことに、口に苦い良薬は、できれば飲みたくないのが人情だ。とりわけ、高い地位にいる人ほど、その傾向がはなはだしい。そこで下の者としては、事実をありのままに報告して苦い顔をされるより、上の者が喜ぶような情報しか提供しないようになる。

こうして作られた”裸の王様“は、自分やその組織がおかれている状況についての客観的な認識がないままに、砂上の楼閣でご機嫌の毎日を過ごしている。そして破局は、ある日突然やってくる。

その場に臨んで「そんなことがあったのなら、なぜ言ってくれなかったのか」と部下を責めても手遅れ。耳に痛い情報をシャットアウトしていたのは、トップ自身だったのだから。

posted by 吉野山ユッキー at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。