2014年01月24日

≪ 人生花づくし ≫


人生花づくし

親の教えは きくのはな

人の悪くち くちなしで

頭は垂れて ふじのはな

笑顔あかるく ひまわりで

愛をはぐくむ ばらのはな

心清らか しらゆりで

世は移ろいて あじさいの

月日は早く たちばなで

散り際さやか さくらばな

先は浄土の はすのはな




posted by 吉野山ユッキー at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

≪ 清荒神清澄寺 ≫


宝塚にある清荒神清澄寺は897年(寛平8)、宇多天皇の勅願により大日如来を本尊として開かれたお寺。

熊野権現など十五神が勧請し、三宝荒神を鎮守神としてまつり、「日本第一清荒神」の称号を賜ったそうです。

天堂に祀られている三宝荒神は、火伏せの神、かまどの守り神で知られています。家内と行ってきました

140119_1131~01.jpg

140119_1130~02.jpg

mini_140119_1130.jpg

140119_1134~01.jpg

140119_1202~02.jpg

mini_140119_1213.jpg

140119_1214~01.jpg

140119_1215~01.jpg























posted by 吉野山ユッキー at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

≪ 姫ひじきの塩 ≫


今回は、下蒲刈産手作りの塩 姫ひじきの塩について

天然海水から塩を取り出す手法と技術をそのままに、下蒲刈島付近の海水と島で採れた姫ひじき(ひじきの新芽)を使って一昼夜丁寧に煮詰めてつくる手作りの塩です。

カルシウムなどのミネラルを豊富に含み、ひじきの甘みでまろやかで美味しい塩に仕上がっています。

140117_2149~01.jpg

mini_140117_2152.jpg

mini_140117_21500001.jpg













posted by 吉野山ユッキー at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

≪ 心にとめる4つの信条 ≫


1.微笑を絶やさない


1.人の話を素直に聞こう


1.親切にしよう


1.絶対に怒らない


足なし禅師といわれた 小澤道雄 曹洞宗法永寺住職


自分の人生は、自分で自分の体にあう舞台を コツコツ作って その上で芝居をするのだ。他人が舞台を作ってくれやせぬ。

司馬遼太郎 (竜馬がゆく)
posted by 吉野山ユッキー at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

≪ 野呂山 ≫


瀬戸内海国立公園に指定されている呉市川尻町にある野呂山は、弘法大師が入山修行するなど、古くから霊山として信仰の対象になっている山です。

標高839mの頂上から開ける瀬戸内海の展望は、瀬戸内海国立公園の中でも屈指のものです。

頂上付近には、宿泊施設野呂高原ロッジ、キャンプ場、筆づくり資料館などの施設があります。

中国自然歩道、登山道、遊歩道も整備され瀬戸内海の景色を眺められる展望台、巨石・奇岩が密集する岩海など雄大な自然とふれあいながらの散策が楽しめます。

mini_140112_1726.jpg


posted by 吉野山ユッキー at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

≪ 川尻筆 「ISHIN」≫


川尻から新発想の小筆が誕生。

川尻筆は安政6年(1859年)に「練り混ぜ」という毛混ぜの技法で筆づくりを始め、品質が良いと全国に広まったそうです。

その伝統技術を生かした小筆「ISHIN」は、穂先全体が水洗いでき、一定の書き味が持続し、軸が鉛筆と同じ六角形でしっかりと手になじむという利点があるそうです。

「川尻筆」

140112_1736~01.jpg

「ISHIN」

mini_140112_17490001.jpg

mini_140112_1747.jpg









posted by 吉野山ユッキー at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

≪倉橋島の海の恵み倉橋ちりめん物語≫


2つの真紅の橋で本州とつながる倉橋島。

その近海のきれいな海で採れたシラス(イワシの稚魚)を新鮮なまま釜ゆでし

塩は蒲刈産の「海人の藻塩」水は水改質活性化装置(FFC活水器)で処理した水を使うというこだわりようで、まろやかな味に仕上がっているという。

140108_1141~01.jpg

140108_1143~01.jpg

mini_131225_2137.jpg

mini_131225_2139.jpg














posted by 吉野山ユッキー at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

≪ 二葉山七福神めぐり A ≫


二葉山七福神めぐり 後半4つの神社・仏閣をお参りしてきました。最初広島東照宮からスタートしたため時間が長くかかりましたが、心身ともにリフレッシュし活力をいただいてきました。

【広島東照宮】福禄寿

140103_1132~01.jpg

【尾長天満宮】寿老人

140103_1255~01.jpg

140103_1256~010001.jpg

【國前寺】大黒天

140103_1304~02.jpg

【聖光寺】布袋尊

mini_140103_13110001.jpg

140103_1202~01.jpg

140103_1205~01.jpg














posted by 吉野山ユッキー at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

≪ 二葉山七福神めぐり @ ≫


七福神三幸(信仰・観光・健康)参りに出かけた。

数百年の時を超え、広島を創り、鬼門の守りを守護し続けてきた七大神社仏閣を散策しながら、故郷を再発見〈 饒津神社 〉

140103_1224~01.jpg

140103_1224~02.jpg

〈 明星院 〉

140103_1208~01.jpg

〈 鶴羽根神社 〉

140103_1150~02.jpg





posted by 吉野山ユッキー at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

≪ B級グルメ 呉細うどんカレー ≫


海軍の町呉ではその昔、多くの職工さんが、食べる間も惜しんで働いていたので、早くゆがけて早く食べれるようにと細いうどんがつくられるようになった。


これに海軍カレーをかけて食べていたのが「呉細うどんカレー」。


カレーがよくからみ、美味しいと評判です。


mini_131225_21300001.jpg


mini_131225_2129.jpg


mini_131225_2128.jpg















posted by 吉野山ユッキー at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

≪ 石段の家 ≫


両城の絶景宿泊施設は、200階段で知られる両城地区の空き家を活用した宿泊施設


呉湾を一望できる印象的な眺望、ここでしか体験できない非日常的な空間と時間を楽しめます。


地元の方々のコミュニティスペースや、ギャラリー、イベント会場としても利用されている。
posted by 吉野山ユッキー at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

≪ なまこと牡蠣殻から生まれた石鹸 ≫


今回は瀬戸内海の恵みから生まれた無添加石鹸について

瀬戸内海のミネラルを豊富に含んだなまこと江田島産牡蠣殻からつくられた無添加石鹸「なまこの想い」 と「渚の誓い」。

「なまこの想い」は、なまこエキス配合で肌がしっとり潤うそうで、「渚の誓い」は牡蠣殻の粉末を配合した石鹸、牡蠣殻のカルシュウム分が汚れをすっきり落とすそうです。

「なまこと牡蠣殻から生まれた石鹸」

mini_131221_1610.jpg

mini_131221_1512.jpg

「なまこの想い」

mini_131221_1623.jpg

「渚の誓い」

mini_131221_1622.jpg









posted by 吉野山ユッキー at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

≪ アヲハタジャムデッキ ≫


忠海にジャムづくりができる会社があることを聞き調べてみた。

この会社は三角形のブルーと白い星印のアヲハタフラッグでおなじみ、ジャム製造のアヲハタ株式会社工場内に平成24年4月に完成した「アヲハタジャムデッキ」、ジャム製造工程の見学の他、自分だけのオリジナルジャムづくり体験メニュー(有料)も用意され、家族連れやグループに人気があるようです。

ジャムづくり体験スポット


131213_1548~01.jpg


131213_1549~01.jpg



posted by 吉野山ユッキー at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

≪ せんべい ≫


今回は、安芸津名産 かきまるごとせんべい

安芸津の名産の牡蠣と、この地域独特のレンガ色の肥沃な赤土で育てられている「まる赤」馬鈴薯を使った安芸津の名産がドッキングしたせんべいです。

カキをまるごと 一粒 のせて焼き上げた濃厚な味わいを 食べてみんさい。

かきまるごとせんべい

131212_0931~01.jpg

posted by 吉野山ユッキー at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

≪ 豊島ラーメン ≫


今回は、豊島ラーメンの紹介です

豊島ラーメンは、豊島生まれの漁師風ラーメンです。

瀬戸内海のど真ん中、安芸灘諸島に浮かぶ豊島は古くから漁業の盛んな島。なかでもタチウオの一本釣りが有名です。

豊島ラーメンは、タチウオの骨紛と秘伝太刀魚醤油の旨味を合わせた、あっさり味のオリジナルスープが決め手です。

また、麺は漁師盛りと称し通常サイズより長くなっています。


豊島ラーメン

131206_1511~01.jpg


posted by 吉野山ユッキー at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

≪ ラムネ ≫


戦艦大和にはラムネ製造室があったそうで、呉から伝授された製法でラムネがつくられ、船員さんたちに飲まれていました。

「呉大和ラムネ」は、旧呉海軍に伝えられた甘味と酸味のこだわりのラムネ。 

「塩ラムネ」は、ラムネに蒲刈産の「海人の藻塩」を加えることで甘さを引き出した。

島に吹く潮風をイメージした海の香りするユニークな味わいのラムネです。

「大和」ゆかりのラムネ

131204_1054~01.jpg




posted by 吉野山ユッキー at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

≪ 西条の美酒カレー ≫


酒の都、西条の美味しい日本酒と、瀬戸内海に面した安芸津の肥沃な赤土で育った「まる赤」馬鈴薯を使ったカレー。


じゃがいもをペースト状にしてルーに練りこんであり、とてもコクがあり後味にほんのりお酒の香りがする独特の味わいです。


マスコミにも多数取り上げられ、日本テレビの全国ご当地カレーランキングで第4位に選ばれているそうです。


131130_1715~01.jpg


131130_1719~01.jpg


131130_1722~01.jpg
















posted by 吉野山ユッキー at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

≪ 熊野町 筆の里工房 ≫


熊野町の筆の里工房は伝統的工芸品である筆によって、さまざまな文化が生まれてきたことを全国に発信する施設。

館内は、全長3.7mの世界一大筆を中心に、筆の歴史を日本文化の変遷をたどりながら紹介する常設展示や、国から認定を受けた伝統工芸士の筆づくりの実演、筆を使った様々な体験。

年間数回の全国有名書画家の特別な企画展などで、「筆の広がり」を存分に楽しむことができます。

また、館内には熊野町内の筆製造業者(書・画・化粧)の商品を揃えた熊野筆ショップがあり、試筆をしながら筆を選ぶことができます。

大筆

131121_1410~02.jpg

なでしこに送られたという熊野化粧筆(この商品ではない)

131121_1411~01.jpg










posted by 吉野山ユッキー at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

≪ 江田島 ≫


所用があり江田島に行った。

天応ポウトピアよりフェリーにて一路江田島へ

帰りは、音戸第二大橋をへて帰宅。

フェリーより広島方面

IMG_3342.jpg

IMG_3339.jpg

切串港

IMG_7218.jpg

江田島案内図

131118_1515~01.jpg

IMG_4097.jpg

IMG_9931.jpg










posted by 吉野山ユッキー at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

≪ プレイステーション ≫


2000年3月発売ソニーコンピュータ・エンターテイメンの据え置き型家庭用ゲーム機、「プレイステーション2」は発売当初、どこの店でもなかなか手に入らないほどの人気商品となった。

もっとも、「プレステ2」の前作機である「プレイステーション」は当初それほど注目されなかった。むしろ、「本当に売れるのか」といった見方が強かった。

そんな疑念を「プレイステーション」は実力で振り払ったのだが、そこにはネーミングのよさもあったのかもしれない。「プレイステーション」は、コンピュータ時代の到来をうまく表した名前なのだ。

じつは「プレイステーション」の「ステーション」には大きな意味がある。まずこの「ステーション」は、「ワークステーション」から来ている。

そしてこの「ワークステーション」というのは、業務用のハイレベル・コンピュータを意味する。それを遊び(プレイ)に生かそうとしたのが、「プレイステーション」なのである。




posted by 吉野山ユッキー at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

≪ ドラゴンクエスト ≫


昭和61年にエニックス(現スクウエア・エニックス)発売のコンピュタ・ゲーム「ドラゴンクエスト」、通称「ドラクエ」。子供から大人まで徹夜させる、大人気のゲーム・シリーズである。


このドラゴンクエストという名前、子供には何のことかわかりにくいかもしれないが、ゲームの内容をきちんと伝えている。「クエスト(quest)には探索するという意味がある。


そして「ドラゴンクエスト」とは、竜を探すゲームである。じっさい、シリーズ第一作は竜王を探して倒すゲームであり、その後のゲームにも竜系統のモンスターがよく登場する。


ただし、ドラゴンクエストという正式の名前以上に広まったのは、略した方の「ドラクエ」だった。少なくとも、子供たちにとっては、名前の意味などはどうでもいいことだったのだろう。


posted by 吉野山ユッキー at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

≪ 音戸の瀬戸=瀬戸銀座 ≫


音戸の瀬戸は、今からおよそ850年前、平清盛が沈む夕日を扇で招き返して1日で切り開いたという伝説のある海峡で、1日数百隻もの船が通過し「瀬戸銀座」とも呼ばれている。


清盛は、音戸の瀬戸を切りひらく際、人命を尊重して人柱の代わりに一字一石の経石(一切経) を海に沈めて祈願し、難工事を完成させたと伝えられている。


音戸の瀬戸周辺には、清盛の功績を称えその供養のために建立された「清盛塚」とか瀬戸開削800年を記念して建てられた「平清盛日招像」などがあります。


何度行っても楽しめる音戸大橋へ お土産には、ちりめんが美味しいです。


音戸大橋と清盛塚


131028_1443~01.jpg

奥に見えるのが、「第二音戸大橋 愛称:日招き大橋」






posted by 吉野山ユッキー at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

≪ 空港の略称アルファベット ≫


空港の略称アルファベットはどんな基準でつけられるか調べてみた。


空港に行くと、掲示板に離陸する飛行機の行先空港の名が並び、その空港名の隣には、それぞれの空港の略称アルファベットがついている。


たとえば、成田空港の略称は「NRT」関西空港なら「KIX」フランクフルト空港なら「FRA」サンフランシスコ空港なら「SFO」といった具合に。


この略称アルファベット、基本的には、その空港のアルファベットの中から三文字をとる。成田空港の「NRT」、フランクフルト空港の「FRA」などがそうだ。


だが中には、かなりいいかげんなものもあるという。例えば、関空やサンフランシスコである。関西国際空港「KIX」の「X」サンフランシスコ空港「SFO」の「O」は、空港名とは関係ないそうだ。


なぜ無関係なアルファベットが登場するかというと、略号アルファベットの登録が、早い者順だから。関空にしても「kansai lnternational airport」で「KIA」としたかったが、既にほかの空港が使っていた。そこでやむなく「KIX」とつけたのである。


ちなみに「X」にしたことには、大した意味はないそうだ。


posted by 吉野山ユッキー at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

≪ スーパードライ ≫


かつてビールの王様といえばキリンのラガービールだったが、いまやアサヒビールの「スーパードライ」が、王座を奪い取ってしまったそうだ。


先日ノンアルコールのスーパードライを飲んでみた。スーパードライは苦いこれが印象だ。


このドライビール、アサヒが「辛口」と宣伝しているため、「ドライ」=「辛口」と思い込んでいる人も少なくないという。


けれども、「ドライビール」とは、「発酵度の高いビール」のことで、発酵の度合いが高まれば、その分だけ糖分がアルコールに変わり、ビールの中に糖分が残らない。


糖分が少なくなるから、あと口はスッキリしたものになる。このスッキリ感が、アサヒの宣伝する「辛口」なのだそうだ。
posted by 吉野山ユッキー at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

≪ 坂八幡神社 秋祭り ≫


安芸郡坂町の歴史と伝統を誇る、秋祭りが10月12日〜13日開催された。12日は宵頃(よごろ)13日本祭当日は、6つの地域の勇壮典雅な寄進物で祭りを盛り上げた。

なお、テレビで放映中の ”ナニコレ珍百景 ”で放映されるそうだ。

【屋台】

131013_1320~01.jpg

src="http://ikiikisiata.up.seesaa.net/image/131013_1333~01.jpg" width=342 height=418>

【頂載(ちようさい)】

131013_1451~01.jpg

131013_1333~01.jpg

【曳舟(ひきふね)】

131013_1409~01.jpg

131013_1413~01.jpg

131013_1445~01.jpg

【獅子舞】

IMG_5589.jpg

IMG_8518.jpg

IMG_6226.jpg

IMG_4442.jpg
























posted by 吉野山ユッキー at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。