2014年10月29日

≪ 委(まか)せたからには思うままにやらせること ≫


将の能にして、君の御(ぎょ)せざる者は勝つ。  (孫子)

〈有能な将を任命したら、これを信頼し、細かく干渉してはならない〉

日露戦争にさいし満州軍総司令官に任ぜられた元帥大山巌は、智将児玉源太郎を参謀長に起用すると、作戦はすべて児玉にまかせた。

遼陽(りょうよう)の会戦のときなど、ロシア軍の砲弾が司令部の近くに落下するほどで、児玉以下、必死になって作戦を練っていたが、隣室で寝ていた大山は悠然と顔を出し、「今日も戦争がごわすか」といったという。児玉は思うぞんぶん力を発揮することができた。

神経質で、なんでも自分でやらなければ気がすまない上司の下では、部下はやる気を失ってしまう。委せた以上は思いきってやらせることだ。

これは決して放任″(まかせっきり)がよいということではない。大山巌は実は緻密な人間であり、もちろん大づなをつかんでいたのである。

いうまでもなく、現代社会のさまざまな組織は、きわめて複雑化かつ巨大化しており、それに見合った権限移譲、意思決定と執行、報告と点検といった組織運営の方法が、あらゆる角度から研究され、大きく進歩している。だが、委せてやらせるという昔ながらのこの簡単な原理は、なお生きている。
posted by 吉野山ユッキー at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。