2014年10月04日

≪ 屈辱に耐えてこそ ≫


土を巻(ま)いて重ねて来たれば、未だ知るべからざる。 [唐詩選](杜牧(とぼく)・題鳥江亭)

失敗したのちに再挙することを意味する「捲土重来(けんどちょうらい)」の語源となった句。

楚王項羽が、漢王劉邦と天下の覇権をかけた垓下(がいか)の一戦に敗れたとき、鳥江(うこう)の亭長(ていちょう)は舟を用意して彼を待ち江東の地に逃れるように勧めた。しかし項羽は、「私とともに国を出て戦った江東の子弟八千人は、いまやひとりの帰る者もいない。なんの面目あって父兄に顔が合わせられよう」と答えて自決した。

作者は、ゆかりの鳥江亭にこの詩をしるして、項羽の短慮を惜しんだのである。勝敗ハ兵家モ事期(ことき)セズ(予測できない)。羞(はじ)ヲ包恥ヲ忍ブハ是(こ)レ男児。江東ノ子弟才俊多シ  いったんは雌伏(しふく)して力をたくわえ土けむりを巻きあげる勢いで出直したなら、最後の結果はどうなったかわからぬではないか。

項羽の悲壮な最期は、後世の限りない同情を呼んだ。いかにも王者らしい責任の取り方だと、ほめそやす者も少なくない。

だが、項羽を見限って漢軍にくらがえした名将韓信(かんしん)は、項羽の部下に対する愛情を ”婦女子の仁”だと言って批判する。杜牧の考えもこれに近い。屈辱に耐えて敗北を勝利に転化させることこそ、兵家の道だというのである。
posted by 吉野山ユッキー at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。