2014年04月30日

≪ 上司とつきあうコツ ≫


密を窺(うたが)わず、旁(みだ)りに狎(な)れず、旧故を道(い)わず、戯色(ぎしょく)せず。


これは、上司に仕えるときの心構えだという。訳してみると、次のようになる。

1、なにか相手の秘密でも探り出そうとするかのような言動はしない。

1、みだりに心安く、なれなれしい態度で接しない。

1、軽率に相手の古傷にさわるような話題をとりあげない。

1、ことさらに相手を軽蔑するような顔つきはしない。

4ヵ条はすべて、部下としてやってはならないことである。これは現代でもまったく同じであろう。

思うに、部下として上司から安心して仕事をまかせてもらえるようなあり方が理想である。

そのためには、何をおいても上司の信頼をかちえなければならない。

いやな相手でも上司は上司である。一定のケジメをつけて接したい。そういうケジメをつけるうえで、この4ヶ条は大いに参考になるであろう。
posted by 吉野山ユッキー at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

≪ 絶頂のときに下り坂の兆候が ≫


衰颯(すいさつ)の景象は、すなわち盛満のうちにあり。発生の機緘(きかん)は、すなわち零落のうちにあり。 (菜根譚)


ものごとが下り坂となる兆候は、隆々たる発展の絶頂において早くも現れてくる。


新しい成長への芽生えは、逆境のどん底の中から生じてくる。


君子は、順調なときにこそ精神を集中して起こりうる異変に備え、苦難に見舞われた時にはこれに耐え抜いて目的の達成をめざさなければならない。


ある医師は、肉体の老化現象は25歳から始まる。あとはそのスピードをいかにおさえるかです」といわれた。


まさに「盛満のとき」であるはずの25歳が老化の始まりであるように、順風満帆と見えた絶頂期が転落への転換点であったという例は少なくない。


驕る平家は久しからずという。個人も組織も、まだまだ若い、今が全盛と過信しているうちに、目に見えぬところでさまざまな成人病が進行している。


それを恐れず侮らず、直視して適切な対応を怠らぬことが、天寿を全うする唯一の道であろう。
posted by 吉野山ユッキー at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

≪ 禍福は糾える縄の如し ≫


今回は人生を生ききる諺について


「禍福は糾える縄の如し」という日本の諺は「鶡冠子(かつかんし)」という古典の


「禍福は糾纆の如し」の翻訳であるが、その元になっているのは、老子の言葉であるらしい。


禍の中に福が含まれ、福の中に禍の芽が宿されていて、先行きどう転ぶかわからないという


まさしく「人間万事塞翁が馬」の思想である。
posted by 吉野山ユッキー at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

≪ 野 心 ≫


今回は、 野心 について


野心を持たぬ男は哀れである。


厳しい現実には、野心を持って対決せよ。


洋々たる未来にも野心を持って船出せよ、


そうすれば、必ずや、その先には
 

バラ色の人生人生行路航路があると信ずる。
posted by 吉野山ユッキー at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

≪ お い あ く ま ≫


おいあくまとは


「 お 」 お こ る な


「 い 」 い ば る な


「 あ 」 あ せ る な


「 く 」 く さ る な


「 ま 」 ま け る な





posted by 吉野山ユッキー at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

≪ 川上哲治 ≫


きょう一日、自分が生きていられるのは


自分以外の森羅万象


すべて恩恵をいただいて


生かされているのです


わたしたちは、一人で生きているのではない。



川上哲治
posted by 吉野山ユッキー at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

≪ イバラの道 ≫


今回は、「イバラの道」について


「わらわれて わらわれて えらくなるのだよ


しかられて、 しかられて かしこくなるのだよ


たたかれて、たたかれて つよくなるのだよ


よのなかの、えらいといわれたひとが いちどはとおったみちだよ」
posted by 吉野山ユッキー at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

≪ 道 ≫


今回は道について


「 この道は、一度しか通らない道、


だから役に立つこと


人のためになることは、今すぐやろう、


先へ延ばしたり、忘れたりしないように。


この道は、二度と通らない道だから」



posted by 吉野山ユッキー at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

≪ 井深 大 ≫

 
今回は ソニー創業者 井深 大氏の言葉


すこしぐらい人より頭がよく、勉強ができても


人間を信頼できない子供には、将来を期待できません。


学校や幼稚園にはいる前に、人間同士が信じあえるような


基礎づくりをしておく必要があるのです。

posted by 吉野山ユッキー at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。