2013年09月28日

≪ 大和ミュージアム ≫


呉市宝町にある大和ミュージアムは明治以降の日本の近代化の歴史そのものである「呉の歴史」と、その近代化の礎となった造船、製鋼をはじめとした各種の「科学技術」を、先人の努力や当時の生活・文化に触れながら紹介しています。、



館内には、10分の1戦艦「大和」が展示され、大型資料展示室の零式艦上戦闘機や人間魚雷「回天」、特殊潜航艇「海龍」などは、すべて本物です。



屋外には、戦艦「陸奥」の主砲身や潜水調査船「しんかい」などの実物も展示され、芝生広場や大和の大きさを再現した公園も整備されています。



まだ行かれてない方は、じっさいに見られてそのすばらしさを体験されてはいかがでしょうか。
posted by 吉野山ユッキー at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

≪ 相合傘 ≫


その昔 小学校や中学校の教室の黒板には、定番と言っていい落書きがなされる。


相合傘の下に男女の名前を入れて、冷やかすというものだ。


この相合傘マークが生まれたのは、自由恋愛が当たり前になった戦後のことと思うかもしれないが、事実はそうではない。


その歴史は古く、江戸時代にはすでにあったといわれる。


当時の随筆に、相合傘のことを書いたものがあり、男女を冷やかすために使われていると記載されている。相合傘マークは新しいようで、実は古い伝統をもつものだった。


江戸時代、すでに相合傘という言葉もあり、近松門左衛門も浄瑠璃の中で使っている。



posted by 吉野山ユッキー at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

≪ アムラー ≫


今回はアムラーについて、最初に使われたのはいつ、どこで

芸能人のファッションを真似する女の子は、いまも昔も多いいものだ。一時は、歌手の安室奈美江が絶大な影響力を誇り、渋谷を歩く女の子は、みんな彼女同様、黒く焼いた顔、茶髪、厚底靴という格好をしていたものだ。

そんな女の子たちを「アムラー」と呼び、街中がアムラーであふれかえるさまを「アムラー現象」などと呼んだりもした。

この「アムラー」という言葉は、女の子向けのファッション誌が生んだ言葉。96年3月1日号の「プチセブン」で、はじめて「アムラー」という言葉が使われた。

ちょうど安室奈美江のファッションを真似する女の子たちが増えはじめたころで、「プチセブン」が、彼女のファッションを紹介する特集を組んだ。

この時「安室奈美江スタイル」では、タイトルとして長すぎる。そこで短く、わかりやすい言葉として「アムラー」と命名した。


posted by 吉野山ユッキー at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

≪ マルコムX ≫


今回は、マルコムX、この「X」に秘められた思いについて調べてみた。

「フェアレディZ」とか「パンサーG」というように、メカにはよく名前の最後にアルファベットがつく。

しかし人間にも、名前の最後にアルファベットがつく人物がいる。「マルコムX」である。

マルコムXは、1960年代、アメリカで黒人解放運動を進めた黒人指導者である。一時は大統領候補とさえいわれたが暗殺されてしまった。

そのマルコムXの本名は、マルコム・リトルという。しかしこのファミリーネームの「リトル」を、マルコムXは気に入らなかったという。

「リトル」は、白人たちがマルコムX一家の先祖に勝手につけた名前であり、彼にとっては、白人支配のシンボルのようなものだった。

それよりもマルコムは、彼の先祖がアフリカにいたころの名前を名のりたかったがその名前がわからなかったため「X]としたのである。

マルコムXの「X]は、白人支配に対する抗議のシンボルだった。






posted by 吉野山ユッキー at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

≪ 忌野清志郎 RCサクセション ≫


2009年5月2日亡くなった忌野清志郎、バンドの解散・再編を繰り返したが 1970年RCサクセションでデビュー、このRCサクセションの命名について。

RCサクセションの命名の由来を考えるとき、まず注目するのは「サクセション」の文字だろう。サクセションは英語で「継続する」という意味。

てっきりRCサクセションも、何かを続けるという意味で、つけられたと考えるのが普通であるが、”公式見解”によると、事情はまったく違うという。RCサクセションとは「ある日、作成しよう」を「あるし、さくせしょん」となまらせ、アルファベットと英語でもっともらしく名づけたそうだ。

もっとも、これはあとからつくった話のようで、アルファベットにも英語にも、ちゃんとした意味があったという説もある。

RとCは、忌野氏が昔いたバンド「ザ・リメンダーズ・オブ・ザ・クローバー」のリメンダーズとクローバーからとり、それを継続するという意味で、サクセションと続けたというのである。

結局、真相は謎に包まれており、忌野氏のキャラクター同様、つかみどころのないバンド名となっている。




posted by 吉野山ユッキー at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。